Headline
Recent Posts

2016年10月20日木曜日

【従軍慰安婦】「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」by李栄薫

李栄薫教授は南朝鮮の常識者のようだが、かの国ではこのような常識者は疎まれる。

それよりも、わざわざ南朝鮮に渡って日本を貶める行動に出た福島瑞穂はじめ、赤い連中はこの教授の話を聞いて何思う。




【産経】慰安婦性奴隷説を明快に否定 「こんなでっち上げを作ったのは日本人だ」と訴えるソウル大教授に学問的良心を見た[10/20]

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:13:18.76 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/images/news/161020/prm1610200004-p1.jpg
「和解・癒やし財団」の設立に反対し、記者会見場に乱入、警察官に連行される市民団体メンバー=7月28日、ソウル(共同)

韓国・ソウル大の李(イ)栄(ヨン)薫(フン)教授が、慰安婦性奴隷説を明快に否定したインターネットテレビでの連続講義「李栄薫教授の幻想の国」が話題を呼んでいる。ネットで視聴可能だが、筆者は韓国語がちんぷんかんなため、韓国事情に詳しい東京基督教大の西岡力教授に解説してもらった。

「ものすごく実証的な内容です。学問的良心に従っていて、韓国でこれが語られたことは衝撃的だ」

西岡氏はこう感想を述べる。講義は8月22日と23日に3回に分けて公開された「慰安所の女性たち」で、計2時間10分余に及ぶ。

李氏は講義で歴史的経緯を重視し、韓国軍にも慰安婦制度があったことや、米軍のための韓国人慰安婦が1990年代までいたことを統計資料などから示す。

また、ソウル大保健大学院が64年、全羅北道・群山市で保健所に登録されている韓国人相手の慰安婦188人と米軍相手の慰安婦132人を聴取した結果(月収、貯蓄、労働回数など)をひもとき、慰安婦制度が日本だけの特殊なものではなかったことを強調する。

その上で、韓国の伝統的な特権階級「両(ヤン)班(バン)」と奴婢の関係や、19世紀まで親が娘を売ることは珍しくなかったこと、日本統治時代の新聞がたびたび、父母に売られそうになった娘が警察に駆け込んだ話などを取り上げていたことを説き、こう訴えている。

「慰安婦問題は日本軍慰安婦だけでなく、わが国の現実の中に存在してきた大変現在的な歴史だ」

李氏は、日本軍相手の慰安婦に関しても当時、法的に確立されていた公娼制度の下で親に前貸し金を渡すなどの人身売買の形で運用されていたことを指摘し、論を進める。

「日本軍が道ばたで女性を襲ってトラックに積んでいったという話も、いわゆる奴隷狩りのような女性の略取も事実ではない」

興味深いのは、李氏が「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」と述べ、朝鮮半島で慰安婦狩りを行ったと虚偽証言をした吉田清治氏に言及したことである。李氏は「吉田氏のベストセラーが韓国にも伝わり、韓国人は女性がそのように連れて行かれたと思い始めた」と語る。

さらに、現在も「慰安婦性奴隷説」を主張し続けている吉見義明・中央大教授の意見についても、「吉見氏の本は根拠が不十分だ」とあっさり退ける。

朝鮮王朝時代の奴隷制度の専門家でもある李氏は理由として、日本では翻訳本が出版されていない『日本軍慰安所管理人の日記』などを引用し、次のような事実を挙げる。慰安婦が高賃金で廃業の自由があったことや、乱暴を働いた日本軍兵士を逆に刺し殺した慰安婦の証言が採用され、正当防衛と認められて無罪になったこと-などである。

李氏は朝鮮人慰安婦の数に関しても、荒唐無稽な20万人説を明確に否定し、多くて5千人と見積もった。話がころころと変わる元慰安婦女性の証言に対しては、「資料として使うのは大いに慎重にならないといけない」と戒める。

西岡氏はこうした李氏の主張について「かなり覚悟を決めて言っている」と語り、背景をこう分析する。

「昨年末の慰安婦に関する日韓合意により、韓国政府と慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が対立し、二分された。そのため挺対協の力は落ち、本当のことを言いやすい社会になっている」

韓国社会の変化の兆しを歓迎したい。(論説委員兼政治部編集委員)

http://www.sankei.com/premium/news/161020/prm1610200004-n1.html



34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:14:01.81 ID:LXlLaSS3.net
>>1
逃げて~


42: ( @∀@) アツアツ朝鮮淫丼お待ちぃ! <`∀´ >@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:28:37.81 ID:EWLJTyfd.net
>>1
ここはぜひ朝鮮人売春婦、金学順(きんがくじゅん)のプロデューサーだった
福島瑞穂・番(つが)いの話を聞きたいもんだね \ (^0^)/


2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:18:35.83 ID:zPw128NW.net
韓国人もうすうす知ってただろ。


3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:19:40.76 ID:Rf3tRKXQ.net
まともな韓国人か…
無事でいられるかな


5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:20:38.15 ID:GW1D0JOh.net
朝鮮人の嫁を貰った新聞記者の捏造ってバレたのかな?


7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:24:25.32 ID:fwBVqv6p.net
大変だなあこの人もすげえ信念だわ


8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:26:17.51 ID:qTI/RtH6.net
覚悟しないと事実が言えない国がどうかしてる。


15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:32:21.07 ID:05t9Me/I.net
こうしている間にも、韓国人は韓国内や世界各国で慰安婦像を作り上げ、世界中で日本へのヘイトを韓国人は撒き散らしている。

今でも韓国人売春婦は、日韓にかかわらず世界中の国で活動しており、遠征売春婦として大きな国際問題になっている。

そんな積極的な韓国人売春婦を戦時中だからといって、日本軍が強制的に連行するのか?全く必要ないだろうが。

こんな子供だましのような、恥知らずのうそ捏造を放置していたため、女性の人権問題にすり替えられ、日本を侮辱する大きな国際問題にされてしまったのだ。

日本の慰安婦問題は、死力を尽くして対峙したアメリカ軍ですら、日本軍の売春の強制は確認しておらず、対日プロパガンダとして使用することもできなかったのである。

にもかかわらず、朝日新聞とその左翼一味や在日コリアンは、戦後20年も過ぎてから、韓国を炊きつけ、少女まで朝鮮人の売春婦と連行したと新たなネタを捏造した。

さらには、国際的に認められている戦時中の軍事工場での労働力であった女性の挺身隊と混同させて、
過半数が日本人だった売春婦と一般女性の徴用を、全て売春婦の強制連行で、朝鮮人が20万人もいたと捏造を始めた。

このようにいい加減に朝日が捏造した、日本をおとしめる慰安婦プロパガンダを、韓国は被害者を装うため、自国のみならず世界各国で広め始めたのだ。

問題が小さなうちに否定しておけばよかったのに、与党を攻撃したい朝日新聞は、慰安婦捏造キャンペーンをやめずに、真実を捻じ曲げ続けた。

90年代になって韓国人の海外渡航が自由化されたが、韓国人は自分たちが、韓国政府から洗脳された捏造の日本人の蛮行は、世界各国では全く認められていないことに気がついた。

全てが捏造のため、慰安婦問題などは誰も知らなくて当然なのだが、韓国政府に洗脳されている韓国人は激怒し、世界中で日本人へのへイトを行っているのである。

サムソンやヒュンダイが日本から得た技術で大成功を収めたことから、韓国人が極端な自信を付けたことも、韓国人の異常な日本たたきの背景にある。

このような状況を、アメリカの官僚や外交官は逐一知っているが、それをあえて傍観しており、日韓の争いにかかわらないようにしている。

それはアメリカ軍も利用した朝鮮戦争での韓国人慰安婦や、ベトナムでの韓国軍兵士のベトナム女性へのレイプ問題もあるからだ。

韓国人は、自分たちが日本とともに枢軸国側であったことを隠し、慰安婦問題を女性の人権問題とうまく絡めた。
日本だけの特別な問題として、上手に女性差別問題として表面化させて、韓国は日本の被害者で、且つ韓国は、大戦の戦勝国であると世界に認めさせようと狙っている。

真実の慰安婦は、強制連行などは無い、ただの金目当ての朝鮮売春婦なのである。

しかし日本は、真実を知っているアメリカをうまく利用し、韓国の日本に対する異常な中傷を、完全に終わらせるように努力しなければならない。
それが政府と外務省などの官僚、そして祖先の名誉を著しく傷つけられた日本人のやらなければならない義務なのだ。

今も昔もスケベな韓国人売春婦は、別に強制などしなくても、金のためなら自ら世界中に遠征して売春をする。そして日本にもしがみついてくるのだ。これが慰安婦の真実なのだ。

隣国を挑発してゆすりたかりを行う、うそと捏造で固めた国ぐるみの反日民族教育が、世界中のコリアンの狂った行動を引き起こし、日本を侮辱し続けるのである。

慰安婦がただの売春婦なのに、謝罪が必要なら、今現在の日本や韓国の盛り場の性風俗も全て、性奴隷になるのだ。

日本の官僚、政治家は、コリアンたちが国連で慰安婦問題を女性の人権問題に絡めたり、摩り替えたりすることを止めさせろ。

隣国にけんかを売る韓国人。北朝鮮を背負いながら日本を挑発するというのは、本当の戦争好きか、日本を完全になめているかのどちらかだ。

日本の外務省の官僚は、国連などでの韓国人でも中国人からでも嫌がらせには、そのつどきちんと反論しなければならない。

韓国は日本を、ナチスと同じ残虐国家として貶めたいのである。


日本人を侮辱するために捏造した慰安婦問題を、韓国のために世界中に広め、日本をおとしめた朝日新聞を永久に、決して許してはならない。


16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:33:43.25 ID:OMprZ0fv.net
>「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」
まあこの件に関しては確かに間違ってないな


17: 巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE @\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:34:34.69 ID:/dqgnP8k.net
韓国経済がいよいよヤバイからな。


20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:38:18.93 ID:4/B04aJP.net
>>17
本来、こんな不毛で無意味かつ無駄な話に政治のリソースの大部分を最優先で当てちゃうのはおかしいわな。
ぶっちゃけ本当なら韓国はそんな暇なことやってる場合じゃない。もう遅いかもしれんが。


18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:36:41.93 ID:NCGCQtxX.net
>興味深いのは、李氏が「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」と述べ、
>朝鮮半島で慰安婦狩りを行ったと虚偽証言をした吉田清治氏に言及したことである。

これは耳が痛い。裏にどんな勢力がいたかは置いといて
だからこそ国籍って大事なんだよな


25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:40:31.25 ID:TMdxTyBo.net
命がけでないと、本当のことを言えない国は嫌だなあ。


30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 01:51:24.27 ID:QjXmqsEv.net
半島全土の人口
(男女比)
女人口に占める12~40歳の比率


を分母にして、分子20万人。。。

よく大騒ぎにならなかったねwwwwwww


32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:05:40.52 ID:exro9aKy.net
韓国にとって都合の悪い話は消される


36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:17:49.74 ID:+rQBVul0.net
>>32
ほんと、話題にもなってない
都合の悪い話は取り上げない


35: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:14:46.39 ID:T3AHd+mO.net
慰安婦=性奴隷と全世界に拡散させた戸塚悦朗のことも忘れないで言ってあげてください。


46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 02:50:24.03 ID:YoVnEcWe.net
日本としてはありがたいけど…
良心がどうとかで紹介したり持ち上げたりはどうかと。韓国メディアと同じだ。波紋をとか議論をくらいでいい。

味方とか思えても根本的な考えかたや価値観が違ったりするし。







大韓民国の物語大韓民国の物語
李 榮薫

慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件 通州事件 目撃者の証言 (自由社ブックレット5) 悲しい歴史の国の韓国人 歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫) 新潮45 2016年 09 月号 [雑誌] 日本統治時代を肯定的に理解する 韓国の一知識人の回想 在日特権と犯罪 大隈重信、中国人を大いに論ず  現代語訳『日支民族性論』 韓民族こそ歴史の加害者である 親日派のための弁明
by G-Tools

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿