Recent Posts

2018年6月14日木曜日

【中国紙】風刺目的のために何者かにより故意に加工された「ニセ写真」掲載

G7の画像って、各国がどんなアングルで撮っているか、Twitterに流れてたな。



そんな中、中共の官製紙である環球時報が加工写真を掲載したらしい。

環球時報が使用した加工写真はニセ写真(左、いないはずの安倍首相が加えられた加工写真 右、加工前の写真)

中国紙が印象操作 G7安倍首相の「ニセ写真」で

カナダのシャルルボワで6月8~9日に開かれた7カ国首脳会議(G7)では、各国首脳は吐息が届くほどの菌距離で白熱した議論を交わしたと報じされた。いっぽう、中国共産党政府メディア・環球時報の11日付は、安倍首相を誹謗する目的で加工写真を掲載し、扇動的な文言を並べた。G7では、中国に端を欲する国際問題である政府補助金や過剰鉄鋼生産、技術移転強要などが議題に挙がっており、中国当局は「論点逸らし」のた...


G7では、中国に関連する政府補助金と過剰生産問題、南シナ海の軍事影響力の拡張問題などについて議題に挙がっており、当局は批判の矛先をかわす目的で「ニセ写真」などを利用したと考えられる。

安倍首相は9日の会見で、国名の名指しは避けたが「(政府)補助金などによる過剰生産を見過ごせない」とし、市場をゆがめる不公正な貿易、投資慣行に断固対抗するとの認識を、G7では一致させたことを明らかにした。

安倍さんがこんなことを会見で話していたとは知らなんだ。

それならなおさらのこと、前向きな姿勢は不要では?

安倍晋三首相は10日、中国が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」について「中国側の考え方もかなり整理されてきている。個別の案件についてきちんと日本で対応できるものは対応していきたい」と述べ、協力に前向きな姿勢を示した。首相官邸で自民党の二階俊博幹事長らから中国訪問の報告を受けた際に語った。(2018/01/10-18:31)





伊勢志摩サミットの記録-ようこそ、三重県へ-特別報道写真集永久保存版
伊勢志摩サミットの記録-ようこそ、三重県へ-特別報道写真集永久保存版

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログパーツ