Headline
Recent Posts

2013年9月11日水曜日

【南朝鮮】朴はベトナムに何の言及もしないが、日本に対し「歴史直視」を要求していることと矛盾

[社説]日本に歴史直視訴え、ベトナムにはだんまりの矛盾

by




朴大統領は9日午前、ホーチミン墓地に献花だけして何の言及もしなかった。そして首脳会談では原発輸出と自由貿易協定締結などのセールス外交にだけ注力した。あえて相手から要求もされていないのに謝罪を繰り返す必要があるかとの意見もあるが、これは私たちが日本に歴史直視を要求していることと矛盾する。自分が受けた被害は是正を要求しながら、自分が負わせた加害は知らんふりする態度ではどこの誰からも本心からは信頼を得られない。

この社説、朴を批判しているように書きながら、日本が加害者のようにうまいこと書いてる。読み過ごすとこやった。

南朝鮮は日本から被害は受けてないの。だから、初めっから信頼してないから大丈夫!

で、朴の親父の代にベトナム派兵してるわけで、このおばさんはこんなことじゃいい死に方せんわ。


しかし2001年、金大中(キム・デジュン)大統領がベトナム訪問の際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”した。これに対し当時、野党だった朴槿恵ハンナラ党副総裁は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と批判した経緯がある。

ベトナム派兵は父・朴正煕(チョンヒ)大統領(当時)の決断で行われたものだが、朴槿恵大統領は今回の訪問に際しベトナムの国父ホー・チ・ミンの廟(びょう)参拝、献花の時を含め戦争の歴史にはまったく触れず、もっぱら経済協力問題に終始した。





サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))
サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿