Headline
Recent Posts

2014年2月4日火曜日

【話題】鳥越俊太郎元毎日新聞社記者が世論調査の怪を語る

マスコミの世論誘導術の一部を暴露w



「僕が新聞記者時代は世論調査といえば、面接方式だった。どんな山の中だろうと雪の中だろうと、行って面接して集計していた。例えば総選挙では各選挙区を回って集められた調査結果は、東京にある新聞社の選対本部に送られる。

ところが、その数字に政治部などが取材した情報を“加味”する。つまり、若干、世論調査の数字に手が入れられるんです。この数字はちょっと出すぎだろうといった具合に。そういうことを僕は見聞きしてきたから、どうも疑ってみてしまう」

サンプルが偏っていてる上、誘導尋問、はたまた数字の改竄(かいざん)もあるという世論調査。投票は、世論(ムード)に流されず、あくまで自分の意思で行なおう。

2009年、まさしくマスコミはムードを作ったが失敗したことを教訓にしてね。




世論調査と政治――数字はどこまで信用できるのか (講談社プラスアルファ新書)
世論調査と政治――数字はどこまで信用できるのか (講談社プラスアルファ新書)

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿