Headline
Recent Posts

2015年11月9日月曜日

【社会】零戦飛行計画スポンサー撤退で離陸難しい状況に

安全保障関連法案と零戦の飛行をつなげるナンセンス。



「今、零戦なんか飛ばしたら、戦争に賛成していると誤解を受けかねない」。安保法案の衆院特別委員会での審議が大詰めの7月、ある小売業者はこう話し、支援話を打ち切った。

今では、こんな見方をしたのは中共と南朝鮮だけだとわかっているのに。


支援を検討していたメーカーは、隣国で自社製品が不買運動の対象となるのを懸念して辞退。「零戦は戦争を想起させる。鹿屋基地から飛べば、自衛隊のイメージも悪化する」との声も石塚さんの耳に届いた。

この辞退した企業は売名行為がしたかっただけなのかね。別段会社名が出なければ問題ないんじゃないかな?自社製品に自信があるなら、中共や南朝鮮の顔色なんて伺うな。

機体の維持費は年末にも底をつく。スポンサーが見つからなければ、海外の競売に出さざるを得ない状況だ。

なんとか国内にとどまらせないとネ。こんなんこそ国が動いたらいいのに。




零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)
零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿