Headline
Recent Posts

2016年11月22日火曜日

【気象庁】福島県沖の地震は「平成23年東北地方太平洋沖地震」の余震と考えられる

マグニチュード7.4と大きな地震が今朝早くに発生。

TVではどのチャンネルも高台への避難を繰り返し伝える。


地震の概要と津波警報等の発表状況

検知日時
(最初に地震を検知した時刻) 11月22日05時59分

発生日時
(地震が発生した時刻) 11月22日05時59分

マグニチュード 7.4(暫定値; 速報値7.3から更新)

場所および深さ 福島県沖、深さ25㎞(暫定値; 速報値約10kmから更新)

発震機構 北西-南東方向に張力軸を持つ正断層型(速報)

震度 【最大震度5弱】福島県白河市(しらかわし)、須賀川市(すかがわし)、国見町(くにみまち)、鏡石町(かがみいしまち)など16の市区町村で震度5弱を観測したほか、東北地方を中心に、北海道から中国地方の一部にかけて震度4~1を観測しました。

津波警報 福島県(22日06時02分発表)

津波注意報 青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県九十九里・外房(22日06時02分発表)、千葉県内房、伊豆諸島(22日07時26分発表)

今回の地震は「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震と考えられます。

○ 防災上の留意事項

津波による被害が発生します。沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。津波は繰り返し襲ってきます。警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。また、津波注意報が発表されている地域では、海の中や海岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。潮の流れが速い状態が続きますので、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近付いたりしないようにしてください。
揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどが起こりやすくなっている可能性がありますので、今後の地震活動に注意し、復旧作業に携わる方々等、危険な場所に立ち入る場合は地震に注意しながらの作業を心がけてください。

先週の金曜日には、福岡でも震度3の揺れを感じた。

いつでも避難できる準備の必要を感じる。




熊本地震 連鎖の衝撃熊本地震 連鎖の衝撃
熊本日日新聞社

熊本日日新聞特別縮刷版 平成28年熊本地震  1カ月の記録(2016年4月15日~5月15日) 平成28年熊本地震  特別報道写真集  -発生から2週間の記録- なぜ新耐震住宅は倒れたか 変わる家づくりの常識 読売新聞特別縮刷版 熊本地震 (YOMIURI SPECIAL 101) 検証 熊本大地震 (日経BPムック) 熊本地震体験記−震度7とはどういう地震なのか? (震災ドキュメント(NextPublishing)) 科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE) Jレスキュー (ジェイレスキュー) 2016年7月号 富士山大噴火と阿蘇山大爆発 (幻冬舎新書) 災害対応ハンドブック

by G-Tools

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿