Headline
Recent Posts

2017年4月4日火曜日

【法律】「主要農作物種子法を廃止する法律案」可決

「主要農作物種子法を廃止する法律案」を「ニュース」でググったら、全国紙は日本経済新聞が1月に法案出るよとあるだけかな。

この法律廃止案は重要だったみたいだが、馬鹿野党のせいで国民が知らない間に可決。




森友問題で野党はTV放送を意識し、それにのったマスコミ。

国会をワイドショー並みにしやがって、重大な法案スルー。

国民の食に関することに比べると、森友問題なんてすかしっ屁みたいなもの。

「枯葉剤 モンサント」これググってみて。



国が良質の種子を供給する義務を放棄することは、食料の安定供給に責任を持たないことを意味します。

「種子法」が廃止されると、民間企業が自由に主要農作物の種子開発ができるようになります。その結果、種子が企業のものとなり、外資系企業も参入しやすくなります。また、そのことにより、供給が不安定になること、主要農作物の品種の減少、さらには「遺伝子組み換え作物」が拡大していくことも懸念されます。

近年、生命に特許を認めるアメリカの見解がスタンダードとなり、世界の種子市場が「穀物メジャー」とも呼ばれる「遺伝子組み換え企業」により独占されている状況は、周知のとおりです。しかし、本来種子は農業の基礎となるもので、あらゆる生命の源です。古代から受け継いできた公的財産とも言えます。




モンサント――世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業
モンサント――世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿