Recent Posts

2018年1月23日火曜日

【国産ワイン】ラベルの表示厳格化

ワイン、口に含んでもよくわからんが、飲むのは好きです(爆)



18年10月30日から適用される国税庁の基準で、地名を表示するにはその土地で採れたブドウを85%以上使うことが条件になるためだ。

この条件はいいね!

でも、地名はせめて県単位でいいんやなか?

同県朝日町の朝日町ワインは社名と同じ商品が売れ筋だが、白ワインは町外の県産ブドウを使っているため、昨年9月からラベルに有限会社を示す「(有)」を加えた。商品名ではなく社名を表示することで国税庁の許可を得た。

ほら、この工夫の違い。だから県単位よ。

「甲州ワイン」で知られ、ワイナリーが約80社ある山梨県。県ワイン酒造組合は県内への影響は少ないとみる。「甲州」は表示が認められたブドウの品種名で、産地は同県甲州市に限定されないためだ。

「甲州」が葡萄の品種名とは知らなんだ。「甲州」品種が他所で栽培されても「甲州ワイン」でよかとやか?それとも、この品種は山梨だけでしか栽培できない?

厳格化するなら、生産者も消費者もわかりやすくしないとね。




世界が認めた国産ワイン
世界が認めた国産ワイン

関連記事:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログパーツ